ショパン:バラード1番を弾いてみて

ちょこっと練習振り替え日記です。
バラード1番なんですが、ほんと物語が濃い。


はじまりはじまり~
こういうことがありました~本当に辛くて~けど、こんな幸せな時期もあった~でも、それは起こったのでした~華やかな日々は忘れません~
けれども悲劇は、おさまらなかった・・・・
。゚(゚^∀^゚)゚。汗
なんかこんな感じに思えるのですよ、この曲。幼稚な表現ですが。

 

 


いや、やっぱり出だしから怖いです本当に・・・。

最初の出だしCの音はある程度の重みをかけるんだろうけど、
ダァーン!っていうよりも、暖かい感じのドォ~ンかなと。
で続くEsを弾き出すときは、前のCのタイの分まで聴いてはいる。
これがめちゃ出来なくて、いつも時間とられていました。
続くEs As B C As…からのフレーズも頂上を目指して一つ一つ
階段を登っていく感じ?
けど弾く人によって違うこの一段目。
さらーっとクレッシェンドしていく人や、一つ一つ確かめるように弾く人、
デクレッシェンドできちんと終わる、さまざまな感じがします。
私は、どうもクレッシェンドしていく感じのほうが弾きやすかったです。
この冒頭が、ほんとこの曲の幕開けという感じで、
しっかり意味のある出だしにしたいですね…。うわぁ(´・ω・`;)

私は最初の2ページの弾き方が、ほんとつかめなかったです。
だからこの2ページにこんな時間かかって進まないし、
ほんとショパン祭・・・やめる?って考えていた時期ありでした。

最初の出だしCの音。重みを十分にかけて、たっぷり聞いてから
8分音符は動いていく。ペダルは濁らないし、途中でしぼまない。
3小節目の最後の休符と4小節目最初の休符の取り方の違いを感じて。
ほんとここだけで1時間かかる勢いです・・。
どれふぁしらそ~のメロディーのモチーフ、何回も出てくるけど
後の方を遅くしない演歌?にしない。ため息をつくように・・・
なんかこの辺が貴族の会話みたいたな感じに思うの私だけでしょうか・・・
伴奏系のちゃんちゃんも、同じようには弾かない。舞曲のリズム?
足で、わーんつすり~わんつすり~な感じなんだろうか・・・
もう・・この1ページだけでかなり私は、う~~~んって唸ってしまいます。

2ページ目の下、シレファミーからは、馬車が、
かたん…ことん…って動き出すイメージが私の中でありました。
いきなりはい、テンポじゃないかなって。
馬車の窓から愛しい人を想いながら過ぎていく風景な感じ?(´・ω・`;)
フォルテになってからは、ちょっと感情が、ううってなるのでしょうか…。
うーん悲劇的な、なんとも言えない。

3ページ目の右手くぐりがなかなか下手くそでした・・。今も微妙。
そして左手も変化をつけて。
アルペジオは、ボコッと一音だけでないように気をつけたり。
左手のバスは、うなり?嵐?深い声だったりから、穏やかになっていって、
次の4ページ目のお花畑?(私的な解釈)へたどり着く。
ここは少し幸せな様子なのかな。
離れ離れになった2人だけど、お互いが遠くで幸せ妄想してる様子?(´°ω°`)
いやなんか言ってて恥ずかしいです。
はい。
ただ、なんかちょっと夢見てる部分な感じがしました。
弾く際には…
同じ音がある部分は、大事に、同じ弾き方はしない。
左手の動きもまとまりを。ぺダルは濁らない。意外と難しいです。
ちょっとページがとんで…
この華やかな部分。
2人は再会できたのでしょうか。。
全部が全部フォルテー!カーンカーンってならないように気をつけていました。
ものすごく嫌な音出していた自分がずっといました。
中の伸びている音はちゃんと聴こえるように。
3連符は大事に。続くドレファミーのファの頂上も、もっと高いところからなイメージ。
あとのオクターブの上がっていく音階は、
やっぱり4の指も参加させたほうがよいのかもしれません。
それによく見たらスラーでした。。

この華やか部分。練習録音を聞いていたら、メロディーになる音、ソプラノ部分が
途中でなくなっていたことに気づいた時期がありました。
しーどーどーら が しーどーみそーどーらー って、E、Gisの和音の中の音しか
鳴っていませんでした。だから聴いていて、なんだか変って思ったわけです。

あとのここの部分も同じくです。
DEを1の指で弾くようになっているんですが、私はDを1、Eを2でわけて弾いてました。
だからHの音は5の指になって、続くCisが4の指に・・・・
あ~これは確かに行き難い指使いだったかもって気づいたこともあったり。
指使いちゃんと見ない子←

こういうオクターブの上がり部分。跳ぶだけじゃなく、
音の高さをもっと感じたいと思いました。

繋がりというか、2オクターブまで上がるんだよ??って。

最後まで、うっ・・・って苦手だった部分・・・

ここは音のムラがひどくて。
1音1音、指を垂直に鍵盤にあてる感じ?
粒を揃える。裏拍部分の音抜けない。
左手のソプラノの部分、繋げていく。
ここペダル踏むべきかなぁ。。悩でいたり。
今まで踏んでいなかったけど、細かく軽く使ったほうが、
左手の上がっていく感じはきれい。ただ右手が濁ってしまう。
結局、前半は踏まず、後半で少しペダル参加させました。

次の踊りのステップみたいな部分。
ここも右手は1音1音粒を揃えて。
指の角度を見て。
左手は、1拍目感じて、続く裏拍は抜けない。
1拍目を受ける感じで、触る感じで流れで着地するだけ。
手で止めない。
またバスに移る時の腕?固めない。
自然な動きを止めない。
あ~でも実際、通して弾くとやっぱり怖かったこの部分ですw
最初の入りで、拍子を取り直せるかを重視してみました。

だらだら長くなってきたので、ココまで飛びます。

多分、苦労するだろう後ろからのページを最初練習していました。
ここ拍の感じ方が逆になっちゃうんですよね。。
左の和音を聞いて、右手は受ける感じ。リズムもって→レガートな感じ。
三段目の2小節目からは、弾きにくいんですが和音進行聴いてニュアンス。
右手がカチャカチャなるんだけど、2、5の指にちゃんと着地するとか、
親指の動きをわかって弾く…みたいな練習をしようと思います。
左手がまたこれ思いっきり外すんですよね。
・・・とごたごた書きましたが・・・
最後には、何か伝える演奏を目指そうと思いました。
ミスや苦手意識ある部分があっても、感情は負けないでおこうと。
うったえる演奏って難しいかもしれません。
けど、自分の中で物語を想像して、それからどうなったの??って
考えながら、部分的にみていくと面白かったし、どれふぁしらそーのこのモチーフも
ナレーション的なものとして考えてみると、本当に一つの物語に感じました。
ある2人の物語みたいな・・・。
初めてのショパン投稿になりました。細かく聴くと、ほんと恥ずかしいばかりです。
走っている部分、鳴ってない部分、合ってない部分・・・。ほんとポロポロ指摘部分はあると思います。
また、地道に練習ですな。はい。けど、前よりはショパンが好きになりました。夜に練習しててうるさい!!って言われたときように、ノクターンも弾いてみたいなと。。いや、けどそろそろふわ~って感じの曲を弾きたい気持ちもあるのです。