ラヴェル 「悲しい鳥たち」弾いてみて

作曲をしたモーリス・ラヴェル(1875~1937)はパリ音楽院でフォーレに師事したフランスの作曲家。 

ドビュッシーと並んで印象主義の代表の作曲家のように言われますが、古典的で理知的な形式観も持ち少しドビュッシーとは異なる面もあります。

 
「鏡」はラヴェルが30歳の時の1904年から1905年にかけて作曲された作品で、5つの曲からなるピアノのための組曲。


第1曲 Noctuelles (蛾)~詩人レオン=ポール・ファルグに献呈

第2曲 Oiseaux tristes (悲しい鳥)~リカルド・ヴィーニェスに献呈(鏡の初演者)
第3曲 Une barque sur l'ocean (海原の小舟)~画家ポール・ソルドに献呈
第4曲 Alborada del gracioso(道化師の朝の歌)~批評家M.D.カルヴォコレッシに献呈
第5曲 La vallee des cloches (鐘の谷)~作曲家モーリス・ドラージュに献呈(ラヴェルの弟子)

 

この「鏡」という意味は、鏡が物を写すようにラヴェルの心をリアルに音で写し出そうとしたのではないかと言われています。

 

作曲者のラヴェル曰く、この曲で表現されている鳥は「夏の、とりわけ暑い日に、暑さで眩み迷い子になった鳥たちの姿。

真夏の光も届かない、ほの暗い森の中で動けなくなった鳥たちは、ひっそりと息絶えます。」だそうです。

 

 

この曲の雰囲気がすごく好きです。ただ弾くといつもうう~~んってなりながら、ずっと放置していた曲です。

この怠さ加減がなんとも表現しにくい。

最初の シ♭~シ♭ どこかで鳥が鳴いている。そして次の速いパッセージ。

一音一音しっかり鳴らす!というよりも、1つに聞こえるように?鳥がピピッピって感じかなと、これがばらけて本当に最後まで苦労しました。

ソ♭ー…シ♭ッミ♭ラ♭ーって思おうかなとか。。一瞬力んでしまうものを緩めると回りやすい気がしました。

 

 

次に

レーシ♭ー…ソ♭ラ♭ーソ♭ラ♭ーが、なんとも新しく入りました!待ってました!感がおかしくて…(−_−;)ソ♭って思うより、

ラ♭のほう、ソ♭ラ♭ァー、ソラ♭ァーって後ろの方で揺れを作っていくと、流れがスムーズな気がしました。

きっと森の中の風で揺れる葉なのかなとか想像したり。鬱蒼とした雰囲気を醸し出す大事な要素なのかもって。

だとしたらインテンポはおかしい?けど、迫っていくのもどうなのかと・・・考えたり。

 

 

ここの部分が謎でした。テンポ一定で流れる感じが綺麗なのかなと思いながらも少し前進もうとしている感じになりました。

メロディー的にも、いろんな響きが入り混じって不安定な響き。

ただ、鳥の鳴き声 ラ♯ーラ#は別物で埋もれないことを気をつけていました。

 

 

2回、和音をつかむ部分があって、けっこうここが怖かった。鳥が何かを察知した感じでしょうか・・。他の鳥たちへの合図??

そしてミミミミッ~!って、それこそ飛び立つ合図のようなイメージかな。

木にとまっていた何匹もの鳥たちが、一斉にワッ!と飛び立つ感じ?

 

 

その後に羽をバサバサッしながら羽ばたきながら舞い上がって降りてくる部分。

不協和音的な部分ですが、ここの右手の当て具合が難しかったです。今でも苦手・・・(^◇^;)

 

 

後半の部分。ここが好き!( ̄∇ ̄)

今までの怠さ~や鋭い爪をたてる様な音とは違って、少し柔らかい音のイメージがありました。

特に上へ上へと上がっていく部分。

そして頂点まで登り上がったところで、ほどけていく様子。ここがたまらない・・・・笑

なんとも解放感に満たされる気持ちになります。

鳥たちも、もう何にも縛られず・・・そして楽に息耐えたのでしょうか・・・。