ラヴェル 「悲しい鳥たち」弾いてみて

作曲をしたモーリス・ラヴェル(1875~1937)はパリ音楽院でフォーレに師事したフランスの作曲家。 

ドビュッシーと並んで印象主義の代表の作曲家のように言われますが、古典的で理知的な形式観も持ち少しドビュッシーとは異なる面もあります。

 
「鏡」はラヴェルが30歳の時の1904年から1905年にかけて作曲された作品で、5つの曲からなるピアノのための組曲。


第1曲 Noctuelles (蛾)~詩人レオン=ポール・ファルグに献呈

第2曲 Oiseaux tristes (悲しい鳥)~リカルド・ヴィーニェスに献呈(鏡の初演者)
第3曲 Une barque sur l'ocean (海原の小舟)~画家ポール・ソルドに献呈
第4曲 Alborada del gracioso(道化師の朝の歌)~批評家M.D.カルヴォコレッシに献呈
第5曲 La vallee des cloches (鐘の谷)~作曲家モーリス・ドラージュに献呈(ラヴェルの弟子)

 

この「鏡」という意味は、鏡が物を写すようにラヴェルの心をリアルに音で写し出そうとしたのではないかと言われています。

 

作曲者のラヴェル曰く、この曲で表現されている鳥は「夏の、とりわけ暑い日に、暑さで眩み迷い子になった鳥たちの姿。

真夏の光も届かない、ほの暗い森の中で動けなくなった鳥たちは、ひっそりと息絶えます。」だそうです。

 

続きを読む 0 コメント

ラヴェル 夜のガスパール 水の精を弾いてみて

ラヴェルの『夜のガスパール』は、1908年に作曲され、1909年1月9日に初演された。作曲当初、ラヴェルが意識していたのは、

難曲として知られるバラキレフの東洋的幻想曲「イスラメイ」で、これよりも難しいピアノ曲を書くと宣言し、実行に移しました。
 副題に「アロイジウス・ベルトランの散文詩によるピアノのための3つの詩」とあるように、インスピレーションの源になったのは、

貧困と病のために34歳の若さで亡くなった詩人ベルトランによる同名の詩集である。ボードレールにも影響を与えたこの作品の中から、

ラヴェルは「オンディーヌ」、「絞首台」、「スカルボ」の3篇を選び、独自の音楽語法を用いて、怪異な幻想世界を紡ぎ出しました。

 

 

水の精は、オンディーヌが人間の男に恋をし、求婚をするも断られ涙を流して消えてゆく・・・といったなんとも不思議な世界に巻き込まれてしまうような曲です。

 

(原詩)

「オンディーヌ」

聞いてください!聞いてください!私です、オンディーヌです。淡い月の光に照らされた響くような菱形の窓に、
しずくとなって軽く触れているのは。波の衣装をまとって、星のまたたく美しい夜と、眠りについている美しい湖を露台から
見つめている水のお城のお姫さまです。

どの波も流れを泳ぐ水の精、どの流れも私のお城へうねってやってくる小径、そして私のお城は、湖の底、火と大地と空気の織りなす三角形の中に、
流れるごとく建てられています。

聞いてください!聞いてください!私の父は、緑のはんの木の小枝で立ち騒ぐ水を打ち静め、姉たちは泡の手で、
草が茂り睡蓮やグラジオラスの咲く清々しい小島を愛撫したり、釣り糸をたらしている老いて髭のはえた柳をからかったりしています!

水の精はささやく声で歌いながら、私に哀願するようにいった。彼女の指輪を私の指に受けて、
オンディーヌの夫となって、湖の王としてともにその宮殿を訪れようと。

だが、私は、やがて死ぬ運命にある人間の女のほうが好きだと答えると、機嫌をそこねた恨みを胸に、幾しずくかの涙を流したかと思うと、
とつじょ甲高い笑い声をあげ、青い窓ガラスに白々と流れる水滴となって消え去った。

詩があるけれど、なんともイメージが難しい部分がありますね(^◇^;)水の妖精って言いながらも、窓ガラスを濡らす雨の中の妖精なのか??

それとも海底に潜む幻想的なお城を持つ水の妖精の世界なのか・・。私は後者を想像するようにしていましたが・・・。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

スクリャービン 24の前奏曲Op.11-11,Op.11-12と詩曲Op.32-1を弾いてみて

スクリャービンもショパンに憧れをもっていたのですね~★
スクリャービンが若い頃に傾倒していたショパンの《24の前奏曲 作品28》
にならい、平行調の組み合わせによって5度圏をめぐる構成。
続きを読む 0 コメント

ドビュッシー 水の精を弾いてみて

おそらく3、4回目の録音です。
この曲は、弾いてて途中で ??? あれ・・ ここどこ? ←ってなったら
後あと弾き続けるのが億劫になります。私は何度もそうなった。( ̄▽ ̄;)
水の妖精の性格というか、表情が変わっていく様子を耳を澄ませながら音で表現していく。 イメージを途中で無くさないこと、集中力がほんと大変だなって思いました。 なので、日によって、今日はだめだわ・・・って時が何回もありました。

 


3小節目、ボーンって低いAが鳴り響く中、和音が反映していく様子。
1こ1こ違う方向を向かないように1つに思ったり。
と思ったら、3連符の 何かが現れた感じ。
水がぱらら~ぱらら~と落ちる様子でしょうか。
あまりにも切っちゃうと、メリハリはいいのですが、その前の幻想的な響きと
かけ離れてしまう気がして、今回はペダルを小刻みに入れてみました。
またそれが慣れなくて。苦労しました

続きを読む

ショパン:バラード1番を弾いてみて

ちょこっと練習振り替え日記です。
バラード1番なんですが、ほんと物語が濃い。


はじまりはじまり~
こういうことがありました~本当に辛くて~けど、こんな幸せな時期もあった~でも、それは起こったのでした~華やかな日々は忘れません~
けれども悲劇は、おさまらなかった・・・・
。゚(゚^∀^゚)゚。汗
なんかこんな感じに思えるのですよ、この曲。幼稚な表現ですが。

 

 


いや、やっぱり出だしから怖いです本当に・・・。

最初の出だしCの音はある程度の重みをかけるんだろうけど、
ダァーン!っていうよりも、暖かい感じのドォ~ンかなと。
で続くEsを弾き出すときは、前のCのタイの分まで聴いてはいる。
これがめちゃ出来なくて、いつも時間とられていました。
続くEs As B C As…からのフレーズも頂上を目指して一つ一つ
階段を登っていく感じ?
けど弾く人によって違うこの一段目。
さらーっとクレッシェンドしていく人や、一つ一つ確かめるように弾く人、
デクレッシェンドできちんと終わる、さまざまな感じがします。
私は、どうもクレッシェンドしていく感じのほうが弾きやすかったです。
この冒頭が、ほんとこの曲の幕開けという感じで、
しっかり意味のある出だしにしたいですね…。うわぁ(´・ω・`;)
続きを読む 0 コメント